多様な設備

様々な目的で使われる高速バスですが、最近は移動の早さや料金の安さなどが注目され、今まで以上に利用客が増えてきています。更に多くの利用客を確保するために、バス会社の多くが独自のサービスを提供するようになって来ており、より快適に使える高速バスを選べるようになってきています。現在の高速バスの設備にはどのようなものがあるのでしょうか。

高速バスの多様な設備の中には、女性の利用客を意識したものが多く見られます。例えば女性専用車両のバスは、その名の通り女性だけが乗客として利用できるバスで、女性の一人旅でも安心して高速バスを利用することができますし、今までは小型のトイレしか用意されなかったのが、座席を減らしてでもトイレのスペースを広く確保し、着替えなどが出来るように設計するなど、今まで以上に使いやすい高速バスとして人気を呼んでいます。

高速バスでは長時間移動する機会が多いため、時間をつぶすための設備が用意されていることが多いのですが、最近はその設備も多様化を見せています。定番のテレビモニターをはじめ、無線LANを設置して移動中もノートPCで作業が出来るようにしたり、wi-fiや充電設備を座席ごとに配置して、スマホやタブレットなどを自由に使えるようにしたりと、多くの利用客の要望に応えられるよう、他にも様々な設備を搭載した高速バスが選ばれるようになっています。

特殊な座席

高速バスを利用する際は、色々な種類を選ぶことが出来ます。高速バスは様々なバス会社が独自の路線を運行しているので、目的地によっては複数な路線を利用することが出来、それらを使い分けることで、より快適な環境で目的地に向かうことも出来ます。特に最近は特殊な座席を使用しているバスが人気を集めており、今までに無いバスの旅を楽しむことが出来ます。

今までの高速バスは、4列シートや3列シートといった、ごく普通の座席が取り付けられていましたが、最近の高速バスでは、より快適に過ごせるように様々な設備を用意したり、座席のタイプを変えたバスを用意しています。例えば座席を一つ一つブース上に分けて、個室のような感覚で使えるようにしたり、wi-fiを常備することで、自由にインターネットを利用できるようにしたり、座席を電動式のリクライニングにして、より眠りやすい体勢に出来るようにしたりと、非常に快適な環境で過ごせるように配慮しています。

高速バスの特殊なタイプの座席は、非常に快適に過ごせる代わりに、料金が高めに設定されています。更に人気のある座席のため、旅行シーズンなどはすぐに予約で一杯になってしまうので、なるべく早めに予約しておく必要があります。場合によっては鉄道を利用するよりも料金が高くなることも有りますが、だからこそ座れる特別な席なので、興味がある方はぜひ一度使ってみてください。

シートの数

旅行や出張など、長距離の移動が必要な際、少しでもお得に現地に向かいたいときは、高速バスを利用すると便利です。高速バスは飛行機や鉄道よりも安く利用することができ、移動にかかる時間もそれほどかからないので、様々な場面で使われています。高速バスにはいくつか種類がありますが、特にシートの数の違いに注目してみましょう。

高速バスに使われているバスは、シートの数の違うバスを複数採用しているところが多いです。距離や料金に合わせてバスを使い分けているので、状況に応じて使用するバスを選ぶことで、より安く利用することもできれば、より快適な状態で移動することも出来ます。高速バスは安さが大きなウリですが、長距離の移動は身体の負担も大きいので、ある程度の予算を上乗せして、快適なバスの旅を満喫するのも一つの手です。

高速バスの座席は、4列シートや1+2列シート、3列シートなどの種類に分かれています。移動距離が短い路線や、料金が非常に安い路線は4列シートを採用することが多く、安い代わりに他の人と隣り合い、自分のスペースが狭いという欠点があります。他の座席は、料金が高い1列シートを用意したり、3列シートにして全員が余裕を持って座れるようにしたりと、より快適になるよう配慮されているので、予算の余裕があるなら快適な座席が使えるバスを使いましょう。

参照資料【シートタイプと機能を一目で比較できる高速バスの予約サイト ロイヤルエクスプレス

高速バスの種類

県をまたぐような長距離の移動を行う際は、どんな交通機関を利用するかで、かかる費用や時間が大きく変わります。出来る限り予算を抑えたいときに役立つのが高速バスで、高速道路を利用して移動することで、飛行機や鉄道を利用するよりも安く移動することが出来ます。高速バスにはいくつか種類があり、料金設定などにも違いが出るので、利用する際は注意が必要です。果たして高速バスにはどんな種類があるのでしょうか。

高速バスは基本的には座席の数で種類を分けることが出来ます。移動時間が短い路線や、とにかく料金を安くしている路線は、4列シートバスを採用していることが多く、料金が安い代わりに乗っている間の身体の負担が大きいです。より料金が高くなると、1+2列シートや3列シートといった、座席数が少ない分、一人ひとりの乗車スペースが広いバスになり、より開放的な状態でバスに乗れるようになります。

更にバスの種類によっては、特殊な座席やサービスを利用できるバスに乗ることができます。例えば座席の仕様を変更して、低反発素材を採用するなど、より乗り心地のよさにこだわったバスや、仕切りを特別に用意して、個室のような感覚で使えるようにしたバス、コンセントやwi-fiといった設備を用意しているバスなど、他にも色々なバスが使われています。こうした特殊な仕様のバスは一部の路線で採用されているので、どんなバスが使えそうか、興味がある方はバス会社の公式サイトなどで調べてみてください。